senpai_ikuma_01

<ワタナベ>
――イクマさん、宜しくお願いします。

<イクマ>
宜しくお願いします。

<ワタナベ>
――早速ですが、イクマさんが、KUBIKIの選考を受けてみようと思った理由や入社を決めた理由などを教えて下さい。

<イクマ>
KUBIKIなら幅広い仕事ができると感じたからです。
就職活動中は営業職に就きたいと思いながらも、どんな仕事があるのか見てみようと様々な業界や職種を見ていました。
就職活動をしていく中で面白そうだと思ったのが、キャリアコンサルタントや経営コンサルタントです。キャリアコンサルタントは人の将来に深く関わることが出来る仕事で、経営コンサルタントは、もともと好きだった数字が人のために役立てられる仕事だと思いそれぞれに魅力を感じていました。

<ワタナベ>
――そんななか、なぜ頸城建工に入社したのですか?

<イクマ>
頸城建工であれば、キャリアコンサルタントの仕事の様に、学生さんと関わり話すことが出来、経営コンサルタントの様な分析も出来、さらには元々やりたかった営業も出来る。このようにできる仕事の幅が広く、さらには自分がやりたい・やってみたいと思うことが出来ると思ったので頸城建工に入社しました。

<ワタナベ>
――ご自分が本当にやりたいことを考えながら、一つの業界に絞らずに情報を得ながら就職活動をしたからこそ、KUBIKIと出会ったのですね。

<イクマ>
そうですね。
実際、私は今、新潟市の近江スタジオでリフォームの営業をしているのですが、その他にも採用活動チームの一員として、関わっています。その中で学生さんの将来に関わるような深い話をしながら、その人の人間性に触れることが出来ます。学生さんとお話をしている中で、私も学ばせていただいたりしています。
また、経営コンサルタントのように私が所属している店舗の業績分析や経営に関わり、日々の仕事の改善をしながら、チームの目標達成に向かっています。自分たちで考えたことがうまくはまり、業績が伸びると面白いですよ。

人が喜ぶ姿や楽しそうにしている姿を見るのが好き

<ワタナベ>
――ちなみに、イクマさんはどのような学生時代を送ったのでしょうか?

ikuma_2<イクマ>
THE大学生!みたいな学生でした(笑)
もちろん単位はちゃんととりながら… でも学業は程々にして、テニスサークルにバイトに飲み会に…みたいな感じでほぼ遊びながら毎日を過ごしていました。
テニスサークルではサークル長も務め、どうしたらサークルのメンバーが楽しくサークルに参加できるか?イベントに参加できるか?そんなことを考えながらやってましたね。
人が喜ぶ姿や楽しそうにしている姿を見るのが好きなので自然とそんな動きになっていたのだと思います。
バイトしていたファミレスは、そこそこ混む店だったのでキツかったですが、嫌々バイトするのもおもしろくないですし、それでは良い接客はできないと思っていたので、常に馬鹿みたいなことを言って自分も楽しみつつ、周りを盛り上げながらやってました。
そんな感じだったのでたまに「喋りすぎ!」とか叱られたりとかして…(笑)。でも今では良い社会勉強だったかな?と思ってます。

<ワタナベ>
なるほど。THE大学生だったんですね(笑)でも、そんな中でも、周りの人の事と自分の事を考えて、色々と行動していらっしゃったのですね。

<イクマ>
当時はあまり意識していませんでしたが、思い返してみると、そうですね。

<ワタナベ>
――入社当初からの仕事の流れについて教えてください。

<イクマ>
まずは基本的なことの研修から始まりました。とはいうものの、頸城建工の研修はそんなに長くありません。私の時は2日間でした。それからはすぐに先輩社員に同行し、OJTという形で直接お客様と関わりながら色々と教わりました。
正直私はずっと座学で色々と教わるということが好きではないのでこの形式には救われました(笑)
約1ヶ月ほど同行したところで、同期とプロジェクトチームを作り、今まで頸城建工で工事をさせて頂いたお客様のお宅へ訪問し、工事後のフォローを行いました。この時は1日にどのくらいの件数をまわるか?どの様にしたらその目標を達成できるか?そしてその中でどういった情報を集めてこれるかなど、初めて目標をたて、同期の仲間とともに色々と考えながら仕事をしたので楽しかったです。
その後半年くらいで初めて営業担当としてデビューし、ご契約をいただきました。もちろん先輩について来てもらいながらの契約でしたが、その時のことは今でも鮮明に覚えています。

<ワタナベ>
――仕事のやりがいは何ですか?

<イクマ>
やっぱり、お客様からお喜びいただいたときです!
先ほどもお話ししましたがもともと人に喜んでもらうのが好きなので、やはりこの瞬間が一番嬉しいです。

<ワタナベ>
――仕事をしていて、何か印象的なエピソードや苦労したことはありますか?

<イクマ>ikuma_3
具体的にお客様のエピソードをお話しますね。お風呂の工事をさせていただいたお客様のことです。
工事をしてから4年ほど経ちますが、今でも工事後のフォローに行くと、あの時イクマさんにお願いしてお風呂を替えてよかったとお喜びいただいています。
お風呂を替えるきっかけはご主人様の膝がご病気で悪くなってしまったことでした。
お風呂を替えたことにより介助無しでも一人で入れる!と今でもお喜びいただいています。
この仕事をさせていただいたのは入社1年目の冬でしたが、この時に改めて人の人生に関われる面白い仕事だと思った瞬間でした。

<ワタナベ>
私たちの仕事は、お客様の暮らしの支えになっているんですね。お会いする度に感謝して頂けるとは、とても嬉しいですね。

自分の中の譲れないものを見つける

<ワタナベ>
――それでは、最後に学生さんへのメッセージをお願いします。

<イクマ>
就職活動では色々と不安もあるかと思います。
時節柄(コロナ禍で)苦労するところもあると思いますが、ぜひ多くの企業と出会い、そこで働く社員の人達と話をしてみて欲しいと思います。
その中で「自分は本当は何をしたいのか?」「今後どのような人間になりたいのか?」など就職の決め手となる“自分の中の譲れないもの”を見つけると良いと思います。
そしてそれを叶える為には、どのような企業でどんな仕事をして働くのが良いのかを考えると、きっと就職活動もうまくいくかと思います。
がんばってください。

<ワタナベ>
――ありがとうございました。

<イクマ>
ありがとうございます。

先輩からのメッセージ一覧へ戻る>>